ダイエット 【食事編】

ここでは、ダイエット 【食事編】 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
食べ物からアミノ酸を作る「消化酵素」

そのアミノ酸から体を作り出す「代謝酵素」

「酵素」は体内で非常に重要な働きをしています。

その酵素の働きを助けているのが、

ビタミンやミネラルなのです。
 
ビタミンやミネラルは互いに関連しあって働いているため、

バランスよく摂ることが大事です。

ビタミンやミネラルが不足すると

様々な欠乏症などを引き起こします。

ミネラルは過剰摂取により中毒症になりますが、

普通の食事では中毒を起こすほどの過剰摂取はありえません。

ビタミン・ミネラルのそれぞれの働きや摂取量の目安

などは次のサイトを参考にしてみて下さい♪(^o^)丿

     http://takeda-kenko.jp/vitamin/encyclo/index.html


>>『完全ダイエットバイブル』TOPへ

スポンサーサイト
 
運動をしても炭水化物なしでは脂肪は燃えません。

ただし、炭水化物を摂り過ぎると、

インシュリンというホルモンの働きによって

脂肪の燃焼が妨げられます。

インシュリンは、

細胞が血糖を得られるように、

また炭水化物をグリコーゲンとして貯蔵できるように

働いています。

食事によって摂取した炭水化物のうち

50%が細胞に送られます。

そのうちの1/5がグリコーゲンとして、

4/5が脂肪として蓄えられます。

しかし、細胞がため込めるグリコーゲンの量には限界があるため

炭水化物を過剰に摂取すれば、

脂肪がどんどん増えてしまいます。

ダイエットでは

炭水化物の過剰摂取には特に注意が必要です。


>>「ビタミンとミネラル」

『完全ダイエットバイブル』TOPへ

 
 
ダイエットにとって「脂肪」は敵!

と思っている人は多いと思いますが、

これは大きな間違いです。

脂肪には「よい脂肪」と「わるい脂肪」があります。

「よい脂肪」とは、脂肪の燃焼の

働きを高める「褐色脂肪」です。

ダイエットでは、この「褐色脂肪」を

体内に増やす必要があります。


↓↓「褐色脂肪」を増やすには?↓↓
[3.「脂肪を摂らないと脂肪は減らせない!」]の続きを読む

筋肉・臓器・血液など、人間の体の

ほとんどがタンパク質でできています。

そのため、タンパク質の摂取は非常に重要ですが、

問題はその量です。

○1日に必要なタンパク質の量

   1日に必要なタンパク質の量=(現在の体重)×1.5

体重50Kgの人であれば、1日約75gのタンパク質が必要です。

これをすべて食事で摂ろうとすれば、

牛乳では1.2リットル、卵なら13個、

牛ステーキなら500gも必要です。

しかし、これらの食材は脂肪分も多いので

これだけの量を毎日摂れば脂肪太りになってしまいます。


↓↓解決策↓↓
[2.「タンパク質」]の続きを読む
 
 
食事と運動は深く関係しています。ダイエットで特に重要なのが「何を
どれだけ食べるか」です。

理想的な三大栄養素のカロリー比率は

      炭水化物:たんぱく質:脂肪=40:30:30

一般的な日本人の比率は、およそ70:15:15なので、目安として
炭水化物を半分、たんぱく質と脂肪を2倍にするとよいでしょう。

では実際に、ダイエット時の「食べるべき食材」と「避けるべき食材」
を挙げてみましょう。

[1.「何を食べるか」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。