3.「脂肪を摂らないと脂肪は減らせない!」

ここでは、3.「脂肪を摂らないと脂肪は減らせない!」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ダイエットにとって「脂肪」は敵!

と思っている人は多いと思いますが、

これは大きな間違いです。

脂肪には「よい脂肪」と「わるい脂肪」があります。

「よい脂肪」とは、脂肪の燃焼の

働きを高める「褐色脂肪」です。

ダイエットでは、この「褐色脂肪」を

体内に増やす必要があります。


↓↓「褐色脂肪」を増やすには?↓↓
 
そのためには、3種類の必須脂肪酸を

バランス良く摂る必要があります。

○リノール酸:オリーブオイル、植物性油、大豆、ごま

・消化されることによって、炎症を鎮めたり、血流の循環を促すホルモン(PG1)になる。

○アルファリノレン酸:いわし・さばなどの青魚、豆類、ごま、ほうれん草

・消化によってEPAを経て、炎症を鎮めるホルモン(PG3)になる。このホルモンが不足するとエネルギーを作り出す働きが低下する。

○アラギドン酸:乳製品、肉、卵の黄身

・消化に時間がかかり、体内で燃やされにくい。過剰摂取は動脈硬化、高血圧、慢性の炎症をもたらす危険がある。しかし、不足すると喘息になったり、生理痛がひどくなることがある。

これらの脂肪酸を3分の1づつ摂ることが

理想的なバランスです。

しかし、次に挙げることが原因で

このバランスが崩れやすくなります。

・タンパク質の少ない食事

・砂糖の摂り過ぎ

・喫煙

・ストレス

脂肪を減らすことがダイエットの目的ですが、

脂肪にはエネルギーとしての働きや、血流の促進、

ストレスの緩和、炎症の鎮静などを助ける働きがあり、

身体にとって不可欠なものでもあります。


>>「炭水化物の取りすぎの危険性」へ

『完全ダイエットバイブル』TOPへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。