アンチエイジング…ポリフェノールの奇跡

ここでは、アンチエイジング…ポリフェノールの奇跡 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
みなさん、フレンチ・パラドックス(フランスの矛盾)

という言葉をご存知でしょうか?

フランスでは他の先進国と同じように、

脂肪分の多い食事を摂っているにもかかわらず、

フランス人はなぜか動脈硬化性の疾患による死亡率が

群を抜いて少ない!というもの。

専門家たちの研究によって、これはフランス人が好んで飲む、

赤ワインに含まれる”ポリフェノール”という成分

によるものだと分かりました。

今回は”アンチエイジングの切り札”ポリフェノールについて

詳しく説明したいと思います。



続きを読む前に応援よろしくお願いします♪
      ↓↓↓↓
 

  
ポリフェノールとは、フェノール性水酸基を多数分子内に持つ化合物の総称です。

フェノール性水酸基は、酸化還元電位が低く、

容易に自身が酸化されます。

これが、強力な抗酸化性を示す理由でもあります。

簡単に言えば、

”私たちの細胞やDNAの代わりに、活性酸素に酸化されてくれる”

と言うことです。

つまり、身代わりになってくれる訳ですね。

次に、ポリフェノールの最大の特徴を説明します。

ポリフェノールの他に、強い抗酸化性を示す物質に

ビタミンCやビタミンEがあります。

ビタミンCは水溶性(水に溶ける)なので細胞間の水溶性部分で、

ビタミンEは脂溶性(油に溶ける)なので細胞内の脂溶性部分で

抗酸化作用を発揮します。

このように、それぞれ働く場所が限られています。

ところがポリフェノールの場合、

細胞間でも、細胞内でも、さらには細胞膜上でも力を発揮します。

つまり、ポリフェノールは体内のどんな場所でも

その強い抗酸化力をオールラウンドに発揮することができるのです。

さて、ポリフェノールと一口にいっても、その種類は非常に多く、

ぶどう種子やブルーベリーに含まれるアントシアニン、

りんごポリフェノール、カカオマスポリフェノール、

大豆イソフラボン、カテキンなど枚挙にいとまがありません。

ポリフェノールの抗酸化力のピークが2~3時間であることを考えると、

赤ワインだけをガバガバ飲むなんてことはせず(←でも幸せかも…♪)

ポリフェノールを含む色々な食品をこまめに摂るほうがずっと効果的です。

みなさん、ポリフェノールの”凄さ”を分かって頂けたでしょうか?

その比類なき抗酸化作用は

まさに”アンチエイジングの切り札”と呼ぶにふさわしい成分です!



最後まで読んで頂いてありがとございます(o°▽°)o
素敵なダイエットブログ他にもたくさんありますよ♪
        ↓↓↓↓
ダイエットブログ・ランキング



>>アンチエイジング…心臓病の薬・コエンザイムQ10

『完全ダイエットバイブル』TOPへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど・・。
普段の食事も摂取出来るように
心がけた方が良いですね。

それにしても美と健康を維持するには
お金がかかりそうですねー( ̄ー ̄;)
2007/03/01(木) 10:37 | URL | 吹雪 #-[ 編集]
>吹雪さんへ
自慢じゃないですが僕も貧乏なので…(^_^;)
ポリフェノールは大好きな赤ワインとアーモンドチョコレートから補ってます♪
仕事柄、知識はあるのですが、誘惑には勝てませんね~(>_<)
2007/03/01(木) 10:46 | URL | みのむし #-[ 編集]
ワイン
ポリフェノールですね( ..)φメモメモ。
お酒苦手ですが、ちょっとチャレンジします。

応援ぽち。
2007/03/01(木) 17:07 | URL | satomi #JalddpaA[ 編集]
先日は私のブログにご訪問くださり、ありがとうございました。早速私も遊びにきましたよ!
みのむしさん、元ウエイトリフティング選手なんですね。
こちらのブログ、とても参考になります。
ポリフェノール、意識して摂取するように心がけたいと思います。
応援ポチ。
2007/03/01(木) 21:35 | URL | tomo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。